敬語の基本を身につけよう 病院トラブルの原因は言葉遣い?

トラブルを招かない言葉の使い方

看護師として仕事をしている方は、コミュニケーションに不安を持っている方も多いと思います。「患者さんと接する時、必要以上に気を使ってしまう」という方も多いでしょう。看護師を目指している時、医療に関する知識などは学んできていますが、患者さんとの言葉遣いなどについては、勉強していないかと思います。「どんな言葉を使えば良いの?」と思っている方もいるでしょう。

看護師の方は、上司と話をする際、患者さんと話をする際、どういった言葉遣いをしていますか。ちゃんと、相手に合わせた言葉遣いが出来ているでしょうか。看護師という仕事は、多くの人と接することになります。医師、上司、患者さん、患者さん家族など、多くの人と接することになりますから、言葉遣いを間違えてしまうと、トラブルへと発展してしまう可能性もありますから、十分注意が必要です。自分では、そんなつもりで言ったわけではないのに、「この看護師、礼儀がない」とトラブルになってしまうこともあります。こういったトラブルを防ぐためには、やはり日頃から言葉遣いなどに気を付けることが必要です。どんなに仲が良くなった患者さんであっても、友達の様に話してしまうのは危険です。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉を肝に命じておきましょう。

「看護師としての仕事は好きだけど患者さんとのコミュニケーションが苦手」という方は、本などを購入して人とのつきあい方を学んでいく必要があるでしょう。コミュニケーション能力は職場だけではなく、プライベートでも役立つものです。コミュニケーションが人生を制すといっても過言ではありません。そこにいるだけで安心して心地よくなれるような素敵な人を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です