敬語の基本を身につけよう 病院トラブルの原因は言葉遣い?

病院スタッフとしての自覚

病院では一日の中で多くの患者さんを対応することになります。時にはトラブルへと発展するケースもあると思います。その中には、看護師の対応が悪いことがトラブルの元となるのはよくあることです。それだけ、看護師の言葉使いは患者さんに与える影響が大きいものです。

普段看護師の方は働きながら、「病院の代表」なんてことは思わずに仕事をしていると思いますが、病院に所属して仕事をしているということは、その病院を背負っているということ。万が一、患者さんに悪い印象を与えてしまえば、あなた一人の対応が悪いと思われるのではなく、「この病院の接遇が悪い」「ここの看護師は、不親切だ」と思われてしまう可能性が高いのです。たった一人の看護師が、敬語を使えずに患者さんに不快感を与えてしまうことで、病院全体の印象が悪くなってしまいます。病院によっては、こういった接遇教育を徹底しているところもあります。こういった病院に行けば誰に話しかけても丁寧な答えが返ってきます。利用者にとっては、こういった気持ちの良い対応で安心感を持たせることもできます。

このように看護師が敬語を使えているか、どういった対応をしているかによって、病院の接遇が問われることもあります。「この患者さんは苦手だから、おざなりに対応してしまおう」と思えば、その対応は病院全体の接遇と取られてしまいます。看護師の仕事は、一人一人が仕事に取り組んでいくことが必要ですが、どういった対応をするかによっては病院全体の問題となってしまうこともあります。常に病院に所属していることを忘れずに対応していくことが大切となります。オススメリンク:《nurse-honorificcourse.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です